ベビーベッドレンタル|ベビー用品レンタルのヤマサキ             ベビーベッド製造メーカーが運営しているベビーベッドレンタルとベビー用品レンタルのお店です
電話番号 お問い合わせ

ベビーベッド製造メーカーが運営しているベビーベッドレンタルとベビー用品レンタルのお店です

ベビーベッドを置く最適な場所は?日光や音に要注意!

皆さんはベビーベッドをどこに置いていますか?普通は、ママと一緒に寝るために寝室に置きっぱなしという方が多いかもしれません。しかしキャスター付きのベビーベッドなら、簡単に移動できるので、夜は寝室に置いて一緒に寝て、日中はリビングに移動するなどという使い方も便利です。

 

では、赤ちゃんにとっては一体どこに置いておくのがベストなのでしょうか?今回はベビーベッドの最適な置き場所を解説いたします。

 

直射日光

春先や秋の清々しい季節には、赤ちゃんにも新鮮な空気を吸わせてあげたいですよね。そういった優しさから、窓際にベビーベッドを置いておく人も多いようです。

もちろん、赤ちゃんにとっても外の景色が見えることは気分転換になりますし、優しい風が吹き込むと気持ちがいいでしょう。しかし、窓を開けたまま長い時間置きっぱなしにしておくのはNGです。

日焼けのリスク
20年ほど前までは、黒く日焼けした赤ちゃんは健康そうで褒められることもありました。骨の成長などにも日光はプラスの面もあります。しかし最近では日焼けの様々なリスクも知られています。

例えば、皮膚の老化。赤ちゃんと老化という言葉は似つかわしくないですが、子供の頃に浴びた紫外線が大人になって影響を及ぼすこともありえます。

また、直接太陽を見てしまうことによって目を悪くしてしまう子もいます。白内障の発生リスクが高くなることも懸念されます。

さらに、ひどい場合は皮膚がんの発生確率を高めることも知られていますので、
日焼けのし過ぎはデメリットも多いのです。

日焼けの対処

赤ちゃんが日焼けをすると、幹部が熱を持ったり、赤みが出て痒がったりします。さらに皮膚の表面が乾燥してしまうので、まず日焼けをし過ぎたと思ったら冷やして保湿してあげましょう。濡れタオルを絞って当ててあげるだけでも症状は和らぐので、おすすめです。

しかし何日も症状が続いたり、熱が出るなど症状が悪化するような場合は、できるだけ速やかにお医者さんに看てもらうようにしましょう。日焼けと言っても火傷の一種なので、早めの治療が必要なのです。

日焼けを防ぐためには、日差しの強い11時〜14時の時間帯は直射日光が当たる場所に
ベビーベッドを置かないようにしてください。

エアコンの直風

大人も同じですが、エアコンの風が直接当たる場所にベビーベッドを置かないようにしましょう。例えばクーラーの場合、いくら弱めの風量にしていたところで、直風を受けてしまうと大人でも寒くて起きてしまいますよね。体温調節が苦手な赤ちゃんの場合はなおさら身体に悪影響を与えます。

さらに「乾燥」もエアコンの直風のデメリットの1つです。エアコンは、その仕組みからして空気中の湿度を低下させます。赤ちゃんは呼吸がしづらくなりますし、皮膚や喉にも悪影響です。

もし家の構造的にどうしてもベビーベッドの場所が移動できない時も、エアコンの「風よけカバー」なども売られていますので、必ず直風が当たらないようにしてくださいね。

赤ちゃんって音に敏感だと思ったことありませんか?寝ている赤ちゃんでも、何か音がするとぴくっとして起きちゃうこともありますよね。実は、赤ちゃんは寝ている間も耳は聞こえているらしく、小さな物音も全部聞いているのです。そのため、いつもと違う物音や大きな音がすると目が覚めてしまうんですね。

静かな方が良い?
もちろんうるさすぎる環境は熟睡できないので、赤ちゃんにとってはNGです。しかしだからといって、赤ちゃんの周りでいつもシーンとしておくことは不可能でしょう。2人以上お子さんのいる方なら解るでしょうが、1人目の時と比べて2人目の時にはどうしてもうるさい環境にならざるを得ません。

上の子が泣いていたり、テレビを付けていたり、また上の子の育児の合間に掃除や料理などもしなければなりませんから、どうしても静かにしていられません。実は、赤ちゃんにとってもただ静かであれば良いというわけではないようです。

というのも、実は赤ちゃんは産まれてくるまでお腹の中で聞いていた音というものがあります。お母さんの話し声や掃除機の音などは、多くの赤ちゃんにとって心地の良いものだと言われますが、きっとお腹の中で聞いていた音だからなのでしょう。

どうしても音に敏感で寝付きが悪いという赤ちゃんには、赤ちゃんの寝付きに効果的だとされるCDも多く発売されていますから、検討してみてはいかがでしょうか?

タンスや棚の近くは要注意

最近は大きな地震も多く、赤ちゃんがいるご家庭では心配ですよね。ベビーベッドを置く場所も、地震対策を考慮に入れておく必要があります。これは大人でも同じですが、タンスなど倒れてくる恐れのあるモノの前にベビーベッドを置くのは危険です。

赤ちゃんは自分で逃げることができません。大きな揺れが来ても安全な場所に寝かせてあげるようにしましょう。どうしてもタンスの前に置かなければならない場合も、固定具などを使ってタンスが倒れてこないように予め固定しておきましょう。

また食器棚や本棚の前もおすすめできません。中の食器や本が落ちてくる恐れがあるためです。地震対策グッズの中には、揺れが来ても扉が開かないようにする商品も売られています。せめてベビーベッドの周りの家具には、そういったグッズで地震対策をしておくと安心ですね。

結論はやっぱりママのそば

直射日光を浴びても、うるさくて目が覚めても、そしてたとえ地震で大きな揺れが来たとしても、安心な場所があります。それはなんと言っても、ママの側でしょう。

ママが近くにいれば赤ちゃんの異変にすぐに気づくこともできますし、何かあってもすぐに対処してあげられます。赤ちゃんにとっても、ママがすぐ近くにいてくれるというのは精神的にも安心なのです。

キャスター付きの移動できるベビーベッド
移動できないベビーベッドの場合は、ママが自由に移動することは難しくなります。たとえ寝ていたとしても、長時間1人にしておくわけにもいきません。抱っこしてリビングに連れて行くことが多いでしょうが、せっかく寝ていた赤ちゃんも、抱っこすると起きてしまうこともありますよね。

ヤマサキではそんなママさんたちのために、赤ちゃんを寝かせたまま移動できるキャスター付きのベビーベッドを用意しています。片手で簡単に移動させることができる上、
ストッパーが付いているので勝手に動いてしまう心配もありません。気になる方はぜひキャスター付きのヤマサキのベビーベッドを見てみてくださいね。

コメントを残す

*

無料のベビーレンタル用品カタログ ベビーベッドのレンタルヤマサキ
ライン ヤマサキのベビーベッド「お役立ちコラム」

インフォメーション

ヤマサキのこだわり ご利用案内
初めてのレンタルQ&A ベビーベッドの選び方
会社案内 お問い合わせ
プライバシーポリシー 無料カタログ請求
特定商取引法の表記 お役立ちコラム