ベビーベッドレンタル|ベビー用品レンタルのヤマサキ             ベビーベッド製造メーカーが運営しているベビーベッドレンタルとベビー用品レンタルのお店です
電話番号 お問い合わせ

ベビーベッド製造メーカーが運営しているベビーベッドレンタルとベビー用品レンタルのお店です

【ランキング】ベビーベッドの人気のカラーと、失敗しない色の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

みなさんはベビーベッドを選ぶときに、何を基準にしますか?値段、デザイン、大きさ、またはサイトの使いやすさ、評判、などなど、人によっていくつかのポイントがあると思います。今回はベビーベッドを選ぶ基準の中でも、特に優先順位の高い「カラー」について、ランキング形式でご紹介したいと思います。

 

一位、ナチュラル

当社製のベビーベッドで一番人気のカラーは、ナチュラルです。木の風合いをそのまま残したナチュラルは、和室から洋室までどんなお部屋にでもマッチします。また、男の子にも女の子にもどちらにも人気なのも特徴です。

 

ちなみに、当サイトでダントツNo.1の人気を誇るのが、以下で紹介する「ハイタイプベッド ツーオープン」のナチュラル色です。ベビーベッドと言えばコレ、というようなシンプルかつ洗練されたデザインが魅力で、色も木(ドイツ産パイン材)の色を生かした落ち着きのある仕上がりになっています。機能面も充実しており、もしベビーベッド選びで悩んだら、迷わずお求めください。

 

ハイタイプベッド ツーオープン【ナチュラル】収納棚付

 

https://ybaby.jp/fs/babybed/hightype/2-1

 

「使いやすい」と大好評のハイタイプ&ツーオープンベビーベッド

ハイタイプのベビーベットなら高さを70cmに調節可能。かがまずに楽な姿勢でオムツ換えや抱き上げなど赤ちゃんのお世話が出来ます。

横だけでなく足元も開閉できるツーオープンタイプなので、オムツ替えの時にとっても便利です。

 

2位、ホワイト

人気の色第二位は、ホワイトです。ホワイトも、男の子にも女の子にもどちらからも人気の高い色です。お部屋に置いても主張しすぎなくて可愛いですよね。またメリーなどを取り付けるとインスタ映えするので、赤ちゃんをいっぱい撮影しようと思っているママにはホワイトはおすすめです。

 

汚れが目立つのでは?と気にする人もいますが、その心配はありません。独自の塗料でコーティングしているため、汚れがつきにくいのがヤマサキ製ベビーベッドの特徴です。

 

※塗料の安全性についてはこちらの記事を参考にしてください

ヤマサキのベビーベッドで使用する「塗料」の解説

 

ちなみに下記の「コンパクトベッド ツーオープン 小型」も当サイトのロングセラー商品です。1位の「ハイタイプベッド ツーオープン」に比べて一回り小さいのが特徴で、お部屋の限りあるスペースを有効に使いたいという方に評判です。

 

コンパクトベッド ツーオープン小型【ホワイト】

 

https://ybaby.jp/fs/babybed/compact/2-4

 

ベッドの幅が約68cmのコンパクトサイズベビーベッド

1才頃まで使用できるベッド幅約68cmのコンパクトサイズベビーベッド。置き場所を取らないので、お部屋のスペースを有効活用できます。

このサイズならドアを楽に通れるので、日中はリビング、夜は寝室といった使い方も出来ます。

 

第三位、ブラウン

ベビーベッドの人気カラーの第三位は、ブラウンです。ホワイトやナチュラルにはない、落ち着いた高級感のある色は、当サイトのおすすめ商品なんですよ。当社独自のブラウンは、見た目がオシャレなだけでなく、赤ちゃんにとっても落ち着く色合いを醸し出しています。

 

ブラウンと言っても幅広いバリエーションがあるのですが、当社製ベビーベッドのブラウンは自然の木肌の色に近い、どこか懐かしさを感じるような仕上がりになっています。

 

ハイタイプベッドカインド【ブラウン】マット付

 

https://ybaby.jp/fs/babybed/hightype/3-1-M

 

楽な姿勢で赤ちゃんのお世話ができるハイタイプベビーベッド

赤ちゃんのお世話はかがんだ姿勢ですることが多く腰へ負担がかかり大変です。

ハイタイプのベビーベットなら高さ70cmに調節できるので、 かがまずに楽な姿勢でオムツ換えや抱き上げなど赤ちゃんのお世話が出来ます。

 

第四位、ダークブラウン

当社の人気カラー第四位は、ダークブラウンです。高級木材のウォールナットを思わせるダークブラウンは、三位のブラウンとは大きく違ってシックな風味を感じさせます。落ち着いた壁紙のお部屋などにピッタリ合うと思います。

 

ハイタイプベッド ツーオープン【ダークブラウン】収納棚付

 

https://ybaby.jp/fs/babybed/standard/2-14

 

たっぷり&丈夫な収納スペース!

床下の収納スペースは広く、高さもあるので(間口約30cm)、かさばる紙オムツなどの赤ちゃんグッズをたっぷりしまえます。(床板上段のとき、約55cmの高さの物まで収納できます)

丈夫なつくりで耐加重約20kg!たっぷり荷物を載せても棚がたわむようなことはありません。

 

特別編、レッド

ここからは当サイトの姉妹サイトである「ymsk.jp」からのご紹介となります。まず、日本のベビーベッドでは珍しい色なのが「レッド」です。少し目立ちすぎるのではないか?お部屋に合わないのでは?とお思いの方も多いと思います。

 

しかし実はソファや椅子、カーペットなど、目線より低い場所に赤があるととってもオシャレで可愛い感じになります。また塗装の段階で、艶を抑えた仕上がりにしていますので、悪目立ちすることもありません。他の人とちょっと違ったベビーベッドがほしいという方は、ぜひご検討ください。

 

また風水では赤は「生命力」のシンボルであり、「やる気」を高める効果があるともされています。赤ちゃんを元気な子に育てたいという方にはおすすめかも知れませんね。

 

プレミアムベビーベッド

 

 

https://www.ymsk.jp/c/babybed/gr14/gd28

 

当社独自のスタイリッシュなベビーベッド

「プレシャスライン」

 

大切なベビーを護る安全面や耐久性は勿論のこと、インテリア性の高いデザインとカラーリングにこだわって開発いたしました。

 

欧米ではいち早くベビーグッズに取り入れられているブラックカラーに、お部屋に合わせて探しておられる方のご意見を取り入れたレッドカラー、海外の展示会でしか当社も眼にしたことのない斬新なグリーンカラー、そしてモダンなインテリアにフィットするホワイトカラーと、全4色を展開。

 

直線的なパーツで仕上げ、全体的には適度なボリューム感を出しました。

 

新色登場

これまでありそうでなかった、「こんな色がほしかったの!」という新色をリリースしました。色は「ブルー、ピンク、グレー、ラベンダー」の4色です。

※現在は販売のみですが、生産体制が整い次第レンタルも展開予定です。

 

★ブルー

 

★ピンク

 

 

★グレー

★ラベンダー

 

実はこの4色、実際にママさんたちのご要望を聞いて、弊社で独自開発したオリジナル色なんです。何度も試作を重ね、ママさんたちが喜んでいただける色を追求しました。開発から発売に至るまで約1年間を要しましたが、塗料会社さんのご協力もあり、こだわりの可愛い色が出来ました。

 

男の子に人気のブルー、女の子に人気のピンク、そしてどちらにも人気のグレーとラベンダー、全ての色がおすすめです。ベースとなる型は「ハイタイプベッド ツーオープン」なのですが、専用にラインを設け生産しています。今のところ販売のみの対応となっておりますが、もしご興味のある方はお気軽にご連絡ください。

ハイタイプベッド ツーオープン【新色】

 

https://www.ymsk.jp/c/babybed/gd78

 

ベッドの前面と側面の2ケ所が開閉できる!

おむつ替えが便利に。またベッドを置く場所の選択肢も広がります。

※開閉できる横枠(赤ちゃんの足元側の枠)は左右どちらにでも組立可能です。

 

たっぷり&丈夫な収納スペース!

床下のスペースが広いので(間口約30cm)紙おむつなど赤ちゃんグッズをたっぷり収納できます。耐加重約20kg。

 

失敗しない色の選び方

初めて色の解説をしましたが、いかがでしたか?さいごに、弊社がベビーベッドの色を選ぶ時に失敗しない方法をご説明したいと思います。

 

床の色

一般的に、ベビーベッドなどの家具の色を選ぶときには、お部屋の壁紙やカーテンの色に合わせて選ぶことが多いかと思います。もちろんそれも間違いではないのですが、より失敗を防ぐ方法として「床の色」から選ぶ方法をご紹介したいと思います。

 

実は人間は、知らず知らずのうちにお部屋の印象を床の色から大きく受けています。目に入る面積も、壁と同じくらい大きいのが床です。例えばフローリングであっても、真っ白な床から、木肌を生かした明るい色、茶色、黒っぽい色まで様々です。壁紙だけでなく、床の色まで含めたトータルでコーディネートしてみると、失敗しない色選びができますよ。

 

また壁紙と違って床の色は変更できないとお考えの方も多いかと思いますが、決してそんなことはありません。ラグを一枚敷くだけでもいいんです。お部屋の印象もガラッと変わりますよ。

 

風水を活用

家を購入をされた方は、多くの方が風水を気にしたことがあるのではないでしょうか。風水は、昔から中国や日本で部屋の間取りや家具の色などを選ぶ時の参考にされてきました。以下の記事はベビーベッドの色選びの参考にもなると思いますので、よろしければ一読してみてください。

 

赤ちゃんの運気アップ?風水を参考にしたベビーベッドの置き方・選び方

https://ybaby.jp/blog/?p=148

 

今回は以上です。もしどうしても決められないという方は、当サイトまでお気軽にご相談ください。スタッフが最適な色選びをサポートさせていただきます。

 

ベビーベッドの人気ランキング

おすすめベビー用品

     
無料のベビーレンタル用品カタログ ベビーベッドのレンタルヤマサキ
ライン ベビーベッド特典一覧

ベビーベッド レンタル

標準(120×70cm) 標準サイズ・マット付
小型サイズ・マット付(100×63cm) コンパクト(90×60cm)
コンパクト・マット付 ハーフサイズ(60×70cm)
ハーフサイズ・マット付 ハイタイプ
サークル兼用タイプ ネットタイプ
新品指定 おすすめ商品

レンタル商品

ベビーベッド ベッド・マットセット
ベビー布団セット ラック&チェア
ベビーカー チャイルドシート
ベビーバス 体重計
サークル・ゲート その他ベビーグッズ

インフォメーション

ヤマサキのこだわり ご利用案内
初めてのレンタルQ&A ベビーベッドの選び方
会社案内 お問い合わせ
プライバシーポリシー 無料カタログ請求
特定商取引法の表記 お役立ちコラム
ベビーベッドのメンテナンス方法 ベビーベッドの組み立て方法
ベビー用品のクリーニング モデル・モニター募集