ベビーベッドレンタル|ベビー用品レンタルのヤマサキ             ベビーベッド製造メーカーが運営しているベビーベッドレンタルとベビー用品レンタルのお店です
電話番号 お問い合わせ

ベビーベッド製造メーカーが運営しているベビーベッドレンタルとベビー用品レンタルのお店です

赤ちゃんの運気アップ?風水を参考にしたベビーベッドの置き方・選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

皆さんは普段の生活で「風水」をどれだけ意識しているでしょうか?マイホームをお持ちの方はお分かりだと思いますが、今でも家を建てる時には方角や地形に意外と気を使います。玄関は南向きにしようとか、キッチンは玄関から遠くに配置しようとか、多かれ少なかれ、誰もが一度は気にしたことがあると思います。
家の中の環境を整えることで、健康や人間関係などの運気を上げようとする知識の総称を風水と呼びます。この風水を活かしてベビーベッドの向きや置く場所を工夫して赤ちゃんの運気を向上させよう!というのがこのコラムの目的です。
ただし風水は、起源からして「吉凶占い」の要素が強いものです。そのためあまり肩肘張らずに、そういう考えもあるんだな、という感じで、知識の1つとして知っておいていただければと思います。

風水とは?

一般的には以下のように認識されています。
風水(ふうすい)は、古代中国の思想で、都市、住居、建物、墓などの位置の吉凶
禍福を決定するために用いられてきた、気の流れを物の位置で制御する思想。
出典:wikipedia

これだけでは何だかよく分かりませんね。では、もう少しだけ風水について解説していきます。

現代の日本でも使われている?

風水は、「陰陽五行説」の影響を強く受けています。陰陽五行説とは、この世界が「陰、陽」の二面性を持った世界であるということ、そして「木、火、土、金、水」の5つの元素の循環で形作られているという思想です。「子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥」から成る十二支も陰陽五行が源流です。
お気づきの通り、5つの元素は曜日に用いられていますし、十二支も未だに使われていますよね。つまり風水(とその源流である陰陽五行説)は、既に私たちの生活に深く根付いているのです。

日本の風水

ただし古代中国の風水とはだいぶ形が変わってきていて今、日本で用いられている風水は、主に「家相術」の面が強いオリジナルのものです。あまり風水自体に深入りしてもしょうがないので、ここからは赤ちゃんの運気を上げるための具体的な方法を見ていきましょう。

ベビーベッドの向き

寝る向きは、風水的にかなり大きな意味を持っています。方角によって期待できる効果も全く異なるため、赤ちゃんに将来どういう人間に育ってほしいかをイメージして、ベビーベッドの向きを決めてあげましょう。

北向き

よく「北枕は縁起が悪い」という言葉を耳にしませんか?なんでも、お釈迦様の涅槃(亡くなった)時の頭の向きが、北を向いていたことがその理由なのだとか。しかし実は、お釈迦様が北向きに寝ていたのも、実は健康のためだったとする説もあります。※諸説あり
昔から健康のためには「頭寒足熱」が大事だと言われていますが、そのため頭を北(寒い方角)へ向けることは健康に良いと言われているのです。つまりあまり迷信にこだわらないのなら、ベビーベッドを北向きに置くことで、赤ちゃんの健康には良い影響を与えるかも知れません。
風水的には、北は「水」を象徴し、「恋愛」や「信頼」を司る方角だと言われています。また北から南へ気が通過するとも言われていますので、頭を北に向けて寝ることで気を体内へ取り入れることができるのだとか。当然これだけで必ず健康になれるとは限りませんが、生活の知恵の1つとして参考にしてください。

おすすめ商品


ハーフ&ハーフ 【ソフティブルー】

ハーフ&ハーフ 【ソフティブルー】

標準サイズのベビーベッドのちょうど半分の大きさ。
重量9kgととても軽いキャスター付きなので、お里帰りのときの持ち運びもカンタンで場所もとりません。
市販の固綿敷布団(120×70cm)を2つ折りにしてピッタリサイズです。

◆商品はこちらから

南向き

南枕は何となく良さそうなイメージがありますよね。南は「火」を象徴し、「才能」や「美しさ」を司る方角だと言われています。このようにエネルギッシュな意味を持つ南ですが、実は南向きに寝るのは風水的にはNGだとされています。というのも、パワーが強すぎるため落ち着かないというマイナス面の懸念があるためです。
ただし将来、赤ちゃんの才能を引き出したり、人間関係を上手にしたい場合には、ベビーベッドをあえて南向きにしてみるのも効果的かもしれません。その時は、火のエネルギーを少し中和するために、ベビーベッドの近くに木でできたインテリアなどを飾るのが良いでしょう。木は火と相性が良いためです。
その点では、ヤマサキのベビーベッドは全て木製なので、南向きで寝かせるにはもってこい
かも知れませんね。ベビーベッドを選ぶときには、色は「ナチュラル」がおすすめです。

おすすめ商品


ビーサイド【ナチュラル】

ツーオープンベッド b-side(ビーサイド)【ナチュラル】

ママのベッドと並べて置いて、添い寝ができるベビーベッド
「夜の授乳は大変だから、ベビーベッドはママのベッドにくっつけて使いたい!」 そんな先輩ママの意見をもとに作られたベビーベッドです!
開閉できる横枠(赤ちゃんの足元側の枠)は左右どちらにでも組立可能です。
サークルとしても使用可能です。
収納棚付きなので、オムツなどのかさばる赤ちゃんグッズもたっぷりしまえます。

◆商品はこちらから

西向き

少しでも風水に詳しい人なら、「西に黄色」は常識ですよね。西は「実り」を意味し、ダイレクトに言えば「金運」の象徴です。そのため、赤ちゃんに将来お金で困ってほしくない!と願うなら、ベビーベッドを西枕に置くのがいいかも知れません。
しかも西の方角には、精神をリラックスさせる効果があるともされており、夜泣きをする赤ちゃんにも試してみたい方角です。また、金運だけでなく健康運もアップしてくれると言われていますので、健康に育ってほしい赤ちゃんにはとってもおすすめですね。

おすすめ商品


ハーフ&ハーフ【ソフティオレンジ】

ハーフ&ハーフ【ソフティオレンジ】

標準サイズのベビーベッドのちょうど半分の大きさ。
重量9kgととても軽いキャスター付きなので、お里帰りのときの持ち運びもカンタンで場所もとりません。
市販の固綿敷布団(120×70cm)を2つ折りにしてピッタリサイズです。

◆商品はこちらから

東向き

東は「若さ」や「パワー」を司る方角だと言われています。仕事運や勉強運などにも良いとされているため、賢く育ってほしい場合や、将来バリバリ稼いでほしい場合は、東枕にすると良いかも知れません。
このように赤ちゃんにとって東向きのベッドはおすすめなのですが、パパにとっても良い方角とも言えます。もっと出世してほしいという場合や、若さを保ってほしいという場合には、しれっとパパのベッドも東向きに置き直してみてはいかがでしょうか。
また東は「木」の象徴でもありますから、木製のベビーベッドは相性がいいんです。部屋全体の運気向上も期待できますね。

ベビーベッドを置く場所


前節ではベビーベッドの向きと基礎的な風水の知識を見てきましたが、続いてベビーベッドを置く部屋について、風水的な注意点を確認していきましょう。

北の部屋

北は「寒さ」を象徴していますので、「冷え」に注意が必要です。赤ちゃんはかけられている布団をすぐに蹴飛ばしてしまいます。特に冬の時期は、赤ちゃんが寒がっていないか常に意識すると良いでしょう。
ベビーベッドの上のシーツに突然寝かせられたら、赤ちゃんはびっくりしてしまいます。ただでさえ赤ちゃんは、抱っこからベッドに置かれただけで目を覚ますことも多いので、ベビーベッドの上に温かい敷毛布などを敷いてあげると良いかもしれませんね。また、ベビーベッドから抱きかかえる時にも、ブランケットなどにくるんで抱き上げるようにしましょう。

南の部屋

そもそも、南の部屋はあまり寝室に向いていません。火のエネルギーが強すぎると、リラックスできない場合があるためです。しかし、どうしても南向きの部屋を寝室にせざるを得ない場合は、ベビーベッドの近くに観葉植物を置いてみるのもおすすめです。またベビーベッドの色に「ホワイト」を選ぶのも、バランスを調節するのに有効なんですよ。

東の部屋

東は太陽が昇ってくる方角です。太陽のエネルギーを吸収することができるので、寝室には向いている方角だと言えるでしょう。赤ちゃんが1日の生活リズムを覚えるのにも、朝日は有効です。
しかし日差しが強すぎる場合は、暗めの色のカーテンなどで、強すぎる太陽のエネルギーをコントロールしてあげるようにすると良いんです。

西の部屋

夕陽の沈む西の方角は人の心を穏やかにさせてくれますから、寝室には最もオススメです。なんと言っても「ぐっすり眠れる」効果があると言われているので、寝付きが悪い赤ちゃんにはぜひお試ししてもらいたい方角です。
もし寝室が西向きの部屋でない場合でも、ベビーベッドを西側に置いてみるだけでも効果があるらしいので、よかったら参考にしてみください。

さいごに

今回はベビーベッド専門店の当サイトが「風水」という視点から、ベビーベッドの置き方や寝室の向きをアドバイスをさせてもらいました。いかがだったでしょうか?
将来赤ちゃんがどう育っていくのか、それには様々な要因が関係していくと思います。風水だけで決まるわけではないでしょう。しかし、昔から蓄積されてきた知恵である風水を参考にしてみるのも、面白いのではないでしょうか。

コメントを残す

*

無料のベビーレンタル用品カタログ ベビーベッドのレンタルヤマサキ
ライン

ベビーベッド レンタル

標準(120×70cm) 標準サイズ・マット付
小型サイズ・マット付(100×63cm) コンパクト(90×60cm)
コンパクト・マット付 ハーフサイズ(60×70cm)
ハーフサイズ・マット付 ハイタイプ
サークル兼用タイプ ネットタイプ
新品指定 おすすめ商品

レンタル商品

ベビーベッド ベッド・マットセット
ベビー布団セット ラック&チェア
ベビーカー チャイルドシート
ベビーバス 体重計
サークル・ゲート その他ベビーグッズ

インフォメーション

ヤマサキのこだわり ご利用案内
初めてのレンタルQ&A ベビーベッドの選び方
会社案内 お問い合わせ
プライバシーポリシー 無料カタログ請求
特定商取引法の表記 お役立ちコラム