ベビーベッドレンタル|ベビー用品レンタルのヤマサキ             ベビーベッド製造メーカーが運営しているベビーベッドレンタルとベビー用品レンタルのお店です
電話番号 お問い合わせ

ベビーベッド製造メーカーが運営しているベビーベッドレンタルとベビー用品レンタルのお店です

3LDK・1人目・ペット無しの場合、どんなベビーベッド をレンタルするのがおすすめ?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「うちはマンションなんだけど、どんなベビーベッドがおすすめですか?」
「うちはペットを飼っているんだけど、ベビーベッドは必要ですか?」

こういった、ご家庭の状況に適した回答を求められることがあります。

一生懸命ググっても、プロが語ることは「一般論」が多く、抽象的で自分に当てはまらないことも多いと思います。逆にYouTubeやブログなどで、先輩ママが語ることには「具体論」が多いですが、その方にしか当てはまらないことが多く、結局悩みが解決しない、ということもあるでしょう。

そのような方のため、今回は色々な質問の中から代表して、
「3LDK・1人目・ペット無しの場合、どんなベビーベッドをレンタルするのがおすすめ?」
という疑問に対する回答をしてみたいと思います。

3LDKにおすすめのベビーベッド

不動産情報サイトを参考に考えてみると、3LDKは4人家族で圧倒的に選ばれている間取りです。3LDKだと面積としては70㎡〜80㎡ほどあるはずなので、5人家族でも十分ゆとりを持って住むことができます。

これらを考えると、「1人目」という質問ですが、その裏に「2人目、3人目」の可能性が見え隠れします。プロとしては、そこまで考えて質問に回答したいので、この時点では
「お2人目をお考えですか?」という確認もしておきたいところです。

購入もおすすめ

仮に2人目、または3人目まで考えているということであれば、実は「レンタル」ではなく「購入」もおすすめです。

一般的に、ベビーベッドは購入するよりレンタルする方がお得だというイメージはありませんか?
レンタル期間や商品、送料にもよりますが、たしかに短期間であれば、購入よりレンタルの方が圧倒的に安いことは間違いないでしょう。

弊社の商品「ハイタイプベッド ツーオープン」でシミュレーションしてみました。(ここでは送料省略)

●お子さん:1人の場合
・購入金額:37,400円
・レンタル金額:12,650円(6ヶ月)
・差額:24,750円

使わなくなってからの収納・処分にも困らず、欲しい期間だけ使えるレンタルは、選択肢としては魅力的です。しかし2人目、3人目まで考えるとどうでしょう?

●お子さん:2人の場合
・購入金額:37,400円
・レンタル金額:25,300円(6ヶ月 × 2人)
・差額:12,100円

●お子さん:3人の場合
・購入金額:37,400円
・レンタル金額:37,950円(6ヶ月 × 3人)
・差額:-550円

3人目まで計算すると、金額だけを見ても購入する方が実はお得です。さらにここに、送料を加味すれば、2人目でもあまり金額的な差はありません。
※岡山市・倉敷市周辺の場合、レンタル送料は無料

確かに使っていない期間の収納には場所を取りますが、その都度、注文して荷解き・組み立てし、解体・配送する手間を考えると、いっそのこと購入してしまった方がよいというケースも多いでしょう。

1人目におすすめのベビーベッド

また別の観点から考えると、1人目ということは、お兄ちゃん・お姉ちゃんがいないということでもあります。特に年の近い上の兄姉がいると、赤ちゃんへのいたずら防止でベビーベッドが役に立ちます。

ペットを飼っている場合も同じです。しかしそうでないということは、少なくとも今の時点ではベビーベッドが必須ではないかもしれません。

ただし2人目以降の予定があれば、いずれにせよベビーベッドは必要になるため、そこまで考慮しておくのが賢い選択でしょう。ペットを飼う予定についても同じです。要するに、今のところ1人目で、ペットを飼っていないとしても、今後の家族計画が分からなければ、本来は正しい回答は難しいということです。

マンションにおすすめのベビーベッド

では、ベビーベッドを選ぶとすると、どんな種類のものがベストでしょうか?まずマンションということは、おそらくママはベッドまたはマットレスを使用している方が多いと思います。
(※布団のみの仕様は4割弱と言われています)

そうすると、立ったまま、かがまずにお世話のできる「ハイタイプ」、ママと添い寝ができる「ツーオープン」または「スリーオープン」タイプがおすすめになります。3LDKだと十分な広さはありますが、お部屋間の移動を考えると「コンパクトタイプ」も要検討でしょう。お2人目以降の予定はないとすると、以下の4点などがおすすめです。

●ハイタイプベッド ツーオープン【ナチュラル】収納棚付

◆商品の詳細はこちら

●スリーオープンベッド b-side DX(ビーサイド デラックス)【ナチュラル】


◆商品の詳細はこちら

●コンパクトベッド ツーオープン小型【ナチュラル】

◆商品の詳細はこちら

●ツーオープンベッド b-side mini (ビーサイド ミニ)【ナチュラル】

◆商品の詳細はこちら

もちろん他にもおすすめしたい商品はたくさんあります。今回は文字数の都合で以上の4商品をおすすめしましたが、よろしければ以下のページから、レンタル・購入それぞれのベビーベッドをご確認ください。

●レンタルベビーベッド一覧
https://ybaby.jp/fs/babybed/c/babybed

●販売ベビーベッド一覧
https://www.ymsk.jp/c/babybed

質問への回答

では最後に、はじめの回答にお答えしたいと思います。

質問:3LDK・1人目・ペット無しの場合、どんなベビーベッドをレンタルするのがおすすめ?

回答:ハイタイプベッド ツーオープンのレンタルはいかがでしょうか?

●ハイタイプベッド ツーオープン

◆商品の詳細はこちら

さいごに

今回のように、具体的なご質問にもできる限り回答していきたいと思いますので、よろしければ以下にまでメッセージをお寄せください。

・お問い合わせ
https://ybaby.jp/contact.html

出典
・アルファジャーナル
https://journal.anabuki-style.com/
・PRTIMES
https://prtimes.jp/

ベビーベッドの人気ランキング

キャンペーン

     
無料のベビーレンタル用品カタログ ベビーベッドのレンタルヤマサキ
アマゾンペイ ライン インスタグラム ハイタイプベッド ツーオープン特集

ベビーベッド レンタル

標準(120×70cm) 標準サイズ・マット付
小型サイズ・マット付(100×63cm) コンパクト(90×60cm)
コンパクト・マット付 ハーフサイズ(60×70cm)
ハーフサイズ・マット付 ハイタイプ
サークル兼用タイプ ネットタイプ
新品指定 おすすめ商品

レンタル商品

ベビーベッド ベッド・マットセット
ベビー布団セット ラック&チェア
ベビーカー チャイルドシート
ベビーバス 体重計
サークル・ゲート おもちゃ
その他ベビーグッズ

インフォメーション

ヤマサキのこだわり ご利用案内
初めてのレンタルQ&A ベビーベッドの選び方
ベビーベッドのメンテナンス方法 ベビーベッドの組み立て方法
ベビー用品のクリーニング 無料カタログ請求
お客様の声 お問い合わせ
会社案内 プライバシーポリシー
特定商取引法の表記 アンバサダー・モニター募集
月齢別サイズの選び方 ヤマサキの特典一覧
ハイタイプベッド ツーオープン特集