ベビーベッドレンタル|ベビー用品レンタルのヤマサキ             ベビーベッド製造メーカーが運営しているベビーベッドレンタルとベビー用品レンタルのお店です
電話番号 お問い合わせ

ベビーベッド製造メーカーが運営しているベビーベッドレンタルとベビー用品レンタルのお店です

「つぐ」シリーズの解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

当サイトはベビーベッドを中心としたベビー用品のレンタルサイトですが、当社(ヤマサキ)は自社工場でベビーベッドを開発・製造もしております。

今回は、そんなヤマサキが総力を上げて開発した一生使えるベビーベッド「つぐ」シリーズをご紹介したいと思います。

「つぐ」シリーズとは?

創業65年の老舗ベビーベッドメーカーであるヤマサキが、「人生の1台」にしていただきたいという願いを込めて、企画・開発したベビーベッドが「つぐ」シリーズです。

ベビーベッドは普通、赤ちゃんの間の1〜2年しか使われません。もちろん、だからこそ当サイトのようなレンタルのニーズは強いのですが、どうしても購入をしたいという方もたくさんいらっしゃいます。そういった方に末永く使っていただくために、ベビーベッドを卒業した後も、椅子やテーブルなどとして使い続けることのできる商品にしました。

逆転の発想

よく、ベビーベッドから「なにか」になる商品は見かけます。例えば使い終わったベビーベッドが、サークルやソファになるといったものです。しかしベビーベッドが「なにか」に変わるのではなく、「なにか」がベビーベッドにもなる、そんな逆転の発想からスタートした企画でした。

type1「Chair」

※type1「Chair」

ベビーベッドが椅子になる、そう聞くと、ベビーベッドの柵を外してソファのような形になることをイメージされるかも知れません。しかし実際そうして作ったソファを使っている方、ほとんど見かけませんよね?ベビーベッドの柵を外しただけだと、どうしても本物のソファに比べて見劣りするものになってしまます。

「つぐ」シリーズ type1 は、ベビーベッドとしては生後6ヶ月ごろまで使用することができます。しかもスウィングベッドとして左右にゆらゆら揺らせるのが特徴です。

赤ちゃんが成長してベビーベッドを使用しなくなれば、その後は分解して2つの椅子にすることができます。木目を生かしたナチュラルな色合いの椅子は、どんなお宅にもマッチします。また床板には岡山県産のひのきの無垢材を使用しており、温かい木のぬくもりが続きます。

赤ちゃんを育んだベビーベッドを活かし続けることができるのって、素敵ですよね。ぜひ2脚の椅子として、末永く使い続けてください。

type2「Rocking chair」

※type2「Rocking chair」

「つぐ」シリーズの特徴は、単に他の家具へ早変わりすることだけではありません。このベビーベッドの特徴は、揺れるというところにあります。しかも「つぐ」シリーズ type2 の脚は丸みを帯びた形状になっており、ゆりかごのように前後にゆらゆら揺らすことができるのです。

揺れるのならゆりかごでも同じかも知れませんが、ゆりかごは目を離すと赤ちゃんが落下したりする恐れがあります。その点ベビーベッドなら落下などの心配はありませんので、安心して寝かせることができます。

ママの悩みの1つに、抱っこで寝かせてもベビーベッドに置くと起きてしまうということがあります。その原因は、ママの腕の振動が心地いいからだとも言われています。車の中ですぐに寝てしまう子も多いですが、それも同じ理由です。布団やベビーベッドで寝ないという子には、ぜひこの「つぐ」シリーズ type2 がおすすめです。

ベビーベッドとして半年間ほど使用した後は、type1 の椅子と同じように分解することで、2脚のロッキングチェアになります。type2 は座面が大きめに設計されているので、赤ちゃんと一緒に座ることもできます。まだ赤ちゃんが小さいうちは、抱っこしたまま座れば寝かしつけにも最適ですね。

type3「table + playpen」

※type3「table + playpen」

「つぐ」シリーズの type3 は、type1 と同じく横に揺れるスウィングベッドとして生後半年頃までベビーベッドとして使用できます。そしてベビーベッドを卒業した後は、分解・組み立てをすることで
テーブルとベビーサークルとしてもお使いいただけます。


ベビーベッドを卒業する頃にちょうど必要になってくるのがベビーサークルです。つかまり立ちやハイハイを覚えた赤ちゃんは、ちょっとの間目を離しただけで思わぬ場所まで移動していることもあります。

危険な場所に行かないように、ベビーサークルはぜひ用意していただきたいものです。またお掃除やお料理の時など、赤ちゃんから少し目を離す時にもベビーサークルは便利です。わざわざベビーベッドとベビーサークルを別々で購入するくらいなら、この1台で済ませた方が賢い方法だと思います。

さいごに

今回はちょっとユニークなベビーベッドのご紹介でしたが、いかがだったでしょうか。

ベビーベッドは、普通長くても1〜2年ほどしか使うことがありません。(兄弟が生まれれば延びますが。)そのため、どうしても使わなくなってからの収納に困りがちです。しかし椅子やテーブルなどとして再利用できれば、そのまま使い続けることができるので収納には困りません。

それに、子どもが使った品って愛着がありますよね。おもちゃやお洋服は再利用するのは難しいですが、「つぐ」シリーズのベビーベッドならこの先何年、何十年と使い続けることができます。家族の愛情を形として残していけるのは、幸せなことだと思います。

ベビーベッドの購入を検討している方は、一般的なベビーベッドも良いのですが、この記事を読んで興味を持たれた方はぜひ「つぐ」シリーズをお求めください。

コメントを残す

*

無料のベビーレンタル用品カタログ ベビーベッドのレンタルヤマサキ
ライン

ベビーベッド レンタル

標準(120×70cm) 標準サイズ・マット付
小型サイズ・マット付(100×63cm) コンパクト(90×60cm)
コンパクト・マット付 ハーフサイズ(60×70cm)
ハーフサイズ・マット付 ハイタイプ
サークル兼用タイプ ネットタイプ
新品指定 おすすめ商品

レンタル商品

ベビーベッド ベッド・マットセット
ベビー布団セット ラック&チェア
ベビーカー チャイルドシート
ベビーバス 体重計
サークル・ゲート その他ベビーグッズ

インフォメーション

ヤマサキのこだわり ご利用案内
初めてのレンタルQ&A ベビーベッドの選び方
会社案内 お問い合わせ
プライバシーポリシー 無料カタログ請求
特定商取引法の表記 お役立ちコラム