ベビーベッドレンタル|ベビー用品レンタルのヤマサキ             ベビーベッド製造メーカーが運営しているベビーベッドレンタルとベビー用品レンタルのお店です
電話番号 お問い合わせ

ベビーベッド製造メーカーが運営しているベビーベッドレンタルとベビー用品レンタルのお店です

ベビーグッズの選び方|お風呂編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

このシリーズでは、ベビー用品の選び方についてベビーベッドメーカーでもあり、ベビー用品のレ
ンタルサイトも運営するヤマサキから、プロ目線で解説させていただきます。今回は「お風呂編」
です。

ベビーバスのチェックポイント

新生児は、大人と一緒にお風呂に入ることはまだできません。抵抗力が弱いためです。このとき
に使うのが「ベビーバス」です。

大きさ

ベビーバスは、小さすぎると使いにくいので、パパかママが一人で洗う場合はある程度余裕のあ
るサイズの方が良いでしょう。

安全性

赤ちゃんはまだ繊細なので、安全面の機能は確認しておきたいところ。特に「滑り止め」が付いて
いると安心です。

収納性

ベビーバスは、意外と大きなアイテムです。収納時に場所を取らないような、折りたたみ機能など
がついているベビーバスもあるので、確認しておきましょう。

おすすめのベビーバス

フォールディングバス(3点セット)

商品の詳細はこちら

フォールディングバスは、スリム&コンパクトに折りたためるのにバスタブのサイズは大きめ。四
隅にステップと滑り止めが付いているので安定感があり安心して赤ちゃんを洗ってあげられま
す。

ベビーレーベル サポートベビーバス(2点セット)

ベビーレーベル サポートベビーバス

商品の詳細はこちら

沐浴中の赤ちゃんの体をしっかり安定させママの腕にかかる負担を軽減するサポートバス。内側
に赤ちゃんの体重に合わせて湯量の目安がわかる目盛り付。排水栓も付いています。

ベビーバスチェアのチェックポイント

パパママと一緒にお風呂に入ることができるようになったら、ベビーバスからベビーバスチェアに
切り替えましょう。赤ちゃんをここに座らせて(寝かせて)、洗ってあげることができます。

リクライニング

ただし生まれて数ヶ月間は、まだ首がすわっていないため、自分で安定して座っておくことができ
ません。そのため、赤ちゃんの座りやすい姿勢にできるように、リクライニングで角度調整ができ
れば便利です。その他、安全性や収納性はベビーバスと同じです。

おすすめのベビーバスチェア

赤ちゃんの気持ち バスチェア

赤ちゃんの気持ち バスチェア

商品の詳細はこちら

背もたれが3段階にリクライニングするから、シャンプー時や成長に合わせて角度を調節。サイド
に壁がなく、ガードも取り外しができるから、ママの手が横から入って背中を洗うのもラクラクで
す。コンパクトに折りたためて便利。

ベビーレーベル ベビーバスチェア

商品の詳細はこちら

リクライニングも片手で簡単にできます。赤ちゃんのお尻にフィットし座ったままでも洗いやすい
ゆったり形状。前すべりしない安心設計。

ベビーベッドの人気ランキング

キャンペーン

     
無料のベビーレンタル用品カタログ ベビーベッドのレンタルヤマサキ
ライン ハイタイプベッド ツーオープン特集

ベビーベッド レンタル

標準(120×70cm) 標準サイズ・マット付
小型サイズ・マット付(100×63cm) コンパクト(90×60cm)
コンパクト・マット付 ハーフサイズ(60×70cm)
ハーフサイズ・マット付 ハイタイプ
サークル兼用タイプ ネットタイプ
新品指定 おすすめ商品

レンタル商品

ベビーベッド ベッド・マットセット
ベビー布団セット ラック&チェア
ベビーカー チャイルドシート
ベビーバス 体重計
サークル・ゲート その他ベビーグッズ

インフォメーション

ヤマサキのこだわり ご利用案内
初めてのレンタルQ&A ベビーベッドの選び方
会社案内 お問い合わせ
プライバシーポリシー 無料カタログ請求
特定商取引法の表記 お役立ちコラム
ベビーベッドのメンテナンス方法 ベビーベッドの組み立て方法
ベビー用品のクリーニング モデル・モニター募集
月齢別サイズの選び方 ヤマサキの特典一覧